餌に関して
1.活餌
ポリプテルス飼育に欠かせない王道ともいうべき生餌。
サイズは小赤<姉金<大姉とある。病気を持ち込みやすく、ビタミン破壊酵素が多く含まれるとか...特に気にしたことはありません。うちでは月4回50匹ずつのペースで与えています。食いは当然のこと抜群です。ただ餌金を切らさないようにすると、慣れてくるのか多少食いは悪くなるので、あらかじめストック水槽を作り毎日あまらない程度、ストック水槽から出して与えるのがいいだろう。餌金のトリートメントも出来るし。まあめんどくさがりの自分はそんなことはしませんが...
主に幼魚育成時に使用される生餌。
うちでも幼魚を導入したときは2週間ほどメダカ漬けにします。それ以外の使用はほぼありません。餌金同様病気・ビタミン破壊酵素...使い道は限られるが、餌金同様いい餌だと思います。
季節限定。初夏〜晩秋。
錦鯉の選別漏れ幼魚。鯉子のシーズン中はメインとして与えています。何といっても価格がその魅力。地元では90cm水槽一つ分(400〜500匹)3000円という超破格で売られています。鯉ヘルペスの心配がありますが、まったく気にしません。今までそれでどうこうなったことはありません。食いは餌金と変わらず良いです。
日本淡水魚全般。
ショップでは雑魚として販売されていた。大きさ・種類さまざまで、カワムツ・フナ・オイカワ等が混ざっている。嗜好性は小赤等と変わらず良い。値段も安価で、50匹1000円で販売されている。ただ小赤に比べると動きが早いので捕食にかなり手間取っています。

餌金に比べて落ちにくいと思います。いつも同じショップ(生餌の管理もしっかりしている様に思う)で購入しているせいもあるかと思いますが、今まで落ちたことはありません。落ちる前に食べられていると言う事もありますが...
古代魚飼育をされている方の中ではかなり重宝されている餌だと思います。
特にポリプテルス飼育においては同じ底ものということもあり、餌金等に比べると食いが良いように感じます。栄養価も高く、うなぎ1匹=ドジョウ1匹と言われるほど。冬場のストックは安易に出来る餌ですが、夏場の高水温では落ちる速度が格段に上がります。冬場のストック方法としてはドジョウ自体が腸呼吸をするのでバケツなどにストックし適度に換水するだけ。
もちろんメリットばかりではなく、狭いところに入りやすい性格を持っているので、ヒーターカバーの中などにいつの間にか入って死んでたりします...
2.人工飼料
うちでのメイン飼料の一つ。
一粒の大きさはミニ<キャット<ビッグキャットとあり、この三種類は常備しています。特にビッグキャットは大型魚が多いので重宝しています。嗜好性はかなり良くエンドリはもちろん、人工飼料に餌付きにくいと言われるラプラディもうちでは良く食べます。ただ価格が高めなのと、水分を吸ってかなり大きくなり、少し崩れやすいかと...水質悪化を招くので食べ残しは水槽から出した方がいいかと思います。まあこれが結構面倒だったりしますが...
テトラ社より販売されているポリプなどの底棲肉食魚専用飼料。ショップの店員のあまりの勧めに購入してみました。大きさはペレット<ラージペレットとあります。うちではラージのみの使用です。嗜好性はキャットを凌ぐかも...かなり飛びつきました(汗。栄養分もキャットと同じくらいかそれ以上(店員談)らしい。価格もキャットに比べて安めなのでかなりいい人工飼料ではないかと思います。水槽内でもあまり型崩れしないと言うか、膨張しないというか...
イトスイより販売されている古代魚大型魚専用フード。なんと言ってもその売りは、バナナポリフェノール配合ということ。バナナポリフェノールって?とにかく植物性のものが含まれているということかな?大きさは大粒、小粒とある。食いはなかなかいいが、俵状の形をしていることから少し飲み込みにくそうなしぐさを見せる。
3.冷凍餌
噂通りのとてもいい餌です。ただ成長というよりも太らせるのに適している餌ではないかと思います。沈下性で食いはとてもいいですね。ポリプテルスの餌としては、かなり重宝すると思います。価格もボチボチな感じです。腹持ちも良いように感じます。
単食は避けた方がいいと思います。魚食をメインで間に牛ハツを与え、カルシウムなどを補給させた方が無難と思います。

冷凍ドジョウ
我が家でのメインの餌です。
生きたドジョウよりも数段上の食いを見せます。我が家では活ドジョウを大量に買い、生きたままのドジョウをフリーザーパックに一食分づつ分けて冷凍ストックしてます。冷凍する前に水を少量一緒に入れておくとドジョウの冷凍焼けを防ぎ、ある程度の長期ストックが可能です

back

inserted by FC2 system